Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

7回目  

今日で7回目の、、、

姉の月命日。
あれから半年があっというまに過ぎたけど、

姉はまだ自宅で幸せに過ごしてる…

そんな感覚にしか捉えられないままです。
ふと思い出せば涙が出て、ふと夜中目を覚ませば、姉の声が頭の中をぐるぐるしだす。

週1でお供えのお花とお菓子を替えたりするけど、中々姉へのお供え…という感じになってない気さえする。

もうすぐ納骨が成され、姉の肉体は全て目にする事は出来なくなる。
その後の気持ちはどうなるかな。

「自分の居ない世界って、どんななんだろう、ね、なんか不思議な気がするよ。。」
ふとベッドの上でそう呟いた姉。
怖かったんだろうな。不思議だ、なんていう言葉にしたけど、未来を希望したかったんだろうな。

「まだまだ、面白いこともいっぱい有ると思うよ、今日と明日じゃ同じようでまるっきり違うから。
明日のために今日乗り切ろうね、明日なら出来ることも増えるかもしれないよ」

薬の酷い副作用と、それでも進行する病魔の恐怖に怯える姉に、なんら癒せる言葉をまるで伝えることはできなかったけど、

今はその苦しみが無くなったことだけを喜んであげるべきなのか…
けどその代償が『死』だなんて余りにも切ないね。





毎日色んな事件があったりするけど、あなたの家族、親戚、皆頑張って変わらず暮らしているよ。


category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

49日法要  

25日に姉の49日法要が行われました。

法要そのものは短時間なもので、
般若心経とか無くて、
いや、かと言って何を唱えて下さってるのか半分位解らなかったですが

お坊さんの説法も無かったなぁ。

宗派によって違うのかもしれませんね。

外に出しはしなかったけど、
姉の遺影はバッグに入れていきました。

その後参列した家族みんなでお食事。
立派な懐石料理で、
義兄の姉に対する愛情とか想いの込められた接待を受け、
どれだけ姉が家族に愛され大切にしてもらっていたかをあらためて感じる温かな時間でした。

義兄と姪たちが、分厚い姉のアルバムを作り、両親と私とにプレゼントしてくれました。
どの写真の姉もみんな笑顔、幸せ一杯な姿に、また泣けて泣けての内容で、胸が熱くなりました、

たくさんの幸福を、
短期間に凝縮して逝ってしまった姉。

今はどこから私を見ているでしょうか。

恥じない人生を送らなければ。
再度そう思う一日となりました。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 2

小田さんのコンサートへ。  

生まれて初めて、小田和正さんのコンサートに行ってきました。
武道館久しぶり✨



雨しとしと。寒いです。




澄んだ優しい伸びやかな声。
変わらないなぁ。

初めての席はなんとアリーナの一桁。

ステージは氷室さんとは全然違って、

花道が幾つもあって、
どの花道にも小田さん走り回ってオーディエンスにマイク向けたりもして。

だからアリーナ一桁でも必ずしも良いわけではないのだけれど、
こっちに来てくれた時はすぐ目の前だし
なんか初めてなのにこんな近くに来ちゃっていーのかな!って思うくらい。

遺影を胸に抱いての参加でしたが、
何回か小田さん姉を見てくれました。
きっと何かを感じてくれたとも思います。
遺影なんて姿ではなくて
実在の姉がこの席に座って自分の耳、目、でこの雰囲気を味わえたらどんなにか良かったのに、と思うと、
やはり込み上げてくるものが沢山あって、
切なさと悔しさで涙が出そうでしたが、
きっとあの場には、見えないけれど来ていたんじゃないかな。と思うことにします。

ソロになってからの小田さんはあまりわからないのですが、
オフコース時代は朝から晩まで姉が部屋で流していたので、(笑
勝手にほぼ全部を覚え込んでいて、何曲か歌ってくれた時は、一緒に歌うこともできました。

ベビーカー押しながら小田さんのCD買いに行った話とか、
車の中で聴きながら小田サーーーンと叫んで夫が驚いてた、とか、
笑いながら話してた姉の笑顔が思い出されます。

なんで彼女が逝かなきゃいけなかったんでしょうねぇ。

頭の中で繰り返す問いには
一生答えは出てこないのわかってるんですけどね。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 2

誕生日おめでとう  

私が生まれた時、
貴方が居てくれた。
まだまだ甘えたい年頃なのに、
一生懸命お姉さんとして、
私を可愛がってくれた。

それは
ずっとずっと、
大人になっても変わらず
大切に、いつも心を尽くしてくれた。

私は甘えるばかりで、
なにひとつしてあげることもできず、
最期までただ側にいたくて、そして心の中だけだけど毎日大泣きして
生きて欲しいと、あなたの苦しみわかってるのに、ただ生きて欲しいとばかり願ってた。

ごめんね、ずっと。
嘘ばかりついてた。

そのうち良くなるから、
必ず安定するから、

もっともらしい言葉をうまくつなぎ合わせて、
生きる気力を、そのか細く弱った体に持たせようとばかりしていたね。

今頃怒ってるかな。
嘘つきの私を。
この罪の償いは、してもしてもしきれないけど、

私より3年早く生まれたあなたを、
これから追いつき追い越すことになると思うけど、
ずっと生まれてきた記念日を、お祝いしていくからね。

いつか会える日を、
楽しみに生きていきます。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

桃たっぷりで。  

明日は

姉の誕生日。
もう歳はとらないけれど、
生まれてきた記念日は変わらない。

大好きで、いくら食べても飽きないという桃を使ってケーキを作ります☺️

タルトにしよう

今土台焼いてます。
しっかり冷やさないとデコレーションできませんので
上手に出来るといいな。




あ、昨夜遅くに前回書いたブログをまた覗いてみたら…☺️
更新ありました。
よかった。
大変なGVHDを抱えながらも、頑張って過ごされてるようです。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請