Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

何故まだ苦を与えるの  

こんなに苦しい、痛い想いを、

なんでこの細く弱くそれでも必死に病と闘う姉に与えるのだろう。

サイレース、セレネース、と
姉の意識は低下させるお薬でかなり朦朧としているのだけど、

痛みが相当酷い。
それはお腹?口の中?
それももう見た目ではわからない。

しきりに指を動かし、
麻薬のボタンを押したい様子や、
うまく話せないのにどうやら、
「ナースコール、ナースコール、、」と繰り返し言ってるようなこと、

そして痛い、痛い、と顔をしかめ、時折涙か浮かび、耐えて耐えてとにかく耐えている。

今日はまた母が来ていました。

病室に来る前、どこからそんな話しを仕入れたのかわからないけど、もしくは吹き込まれたのか、
姉の再発は病院の落ち度ではないか、などといった内容の話を私にしてきました。

とても私は腹が立って、
今、何故そんな話が起きるのか、そしてそんな話を周りでしていて姉が良くなるわけでもない、誰かのせいにするのはとても嫌だ、、と母を叱ってしまいました。

私が言い始めたんじゃないのに。と悲しそうにしていた母でしたが、
私は何だかイライラが止まらず、
姉の状態は気がかりでしたが、

面会には母、そして義妹、娘なども来たりしていたので、
1人で先に退出しました。

かなり遅い時間に母はまた帰っていったようですが、主治医に、最後に会いたい人は支度を、、、との話をされたようです。

父も明日は上京するとか。
宿をとり、その時を見守るための準備をしないといけないかもしれません。

身支度は出来ても、
心の準備なんて、これっぽっちもできやしない。





スポンサーサイト

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請