Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

お芋のお餅  

この日が、

母の手作りのものを食べた、
最後の日になりました。


父が家庭菜園の畑で丹精込めて育てたジャガイモ、
毎年たくさん箱に詰めて送ってくれるのですが、姉にはそのジャガイモを料理することがもう二度と出来ないかもしれない。

母が上京してきた今日ですが、
(結局思えば再発とわかってから、母はほぼ毎週、1~2回は面会に来ていました。)
ジャガイモで作ったお餅を小さなタッパーに入れて、持ってきたのでした。


食欲も、味も、全くなかった姉ですが、
そして座位になることも出来ず、意識もなんとなくぼやっとしながらも、
喜んでそれを少しずつ口へ運びました。

直径3センチほどの小さなものでしたが、
その半分を20分ほどかけて食べ、
『お腹いっぱい…』と。

甘辛醤油味でしたが、もちろんそれはわからず、
けれど
『お芋の香りがいいね』
と、食べた感想を一生懸命話す姉に、親を想う優しさが、絶えず有るのだとあらためて感じながら見ていました。

昨日より、幾分明るい状態に思えたのですが、後になって思うと、
それも姉の必死の踏ん張りだったのではないでしょうか。

少しでも母に心配させたくない、その気持ちで。。。

時々絡む『痰のようなもの』が、
とてもとても怖かったです。
スポンサーサイト

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請