Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

マリモ!  

病院の帰りに母へ送ったメールです。


18時35分到着。意外と早く着きました。
19時20分まで滞在。
Sちゃん(姉の次女)来てました。
熱い蒸しタオルが6つほどあり、清拭タイムでした。でも自分でやるようで、着替えながら拭いてました。今日は洗髪をしてもらったそうです。気持ち良さそうでした。
熱は37度2分ほど、楽なようです。
相変わらず下痢はあるようで、少しみどりがかった液状だそうです。
先生に、どんな便かと問われて、
「北海道の…まりもをつぶしたような感じです」
と答えたそうです。
先生はきっと今までの人生で経験したあらゆる記憶を引き出して、その便の様子を想像して見たことでしょうがなかなか難しい表現に少し困惑されたと思います。
今日も採血はありましたが特に他は変わったことはないそうです。
コーンポタージュスープのようなものなら食べられそうな気がすると言い、先生にも話したら食べて良いと言われたとか。
明日、Sちゃんがうちから持ってくるようです。
飲み薬で白血球抑えるのが効果あるのか、熱が下がってる時間が益々長くなり、昨夜は多少熱さを感じたそうですがやり過ごせたそうで、水枕無しでいれたみたいです。
数種の候補の病名は未だ明かされてませんが、よくよく聞いてみると、無菌室に入る可能性がある、というのはお姉ちゃまの考えであり、そう言われたわけではなく、血液の異常は確実なので、ほれに伴う治療はあの病院だは難しいかも…といったところで止まってるようです。
何れにせよ今は確かに治療というより応急手当ですので、やはり転院の可能性はあるかと思いますが。

再度、両親が先生からの話に加わりたい旨を話したところ、先生が、明日はご主人来るかと聞いてきたそうで、多分来れます、と答え、時間は確定してませんが明日話があるかもしれない感はありました。
お兄さんとの連携をしっかりとって一緒に聞ける形にしたいものですね。
今日は1時間ほどの会話にお姉ちゃまの辛さは今までのよりずっと軽そうで(母としてSちゃんの前で元気にしていたのかもしれませんが)笑顔もあり、まりもの話にせよ 姉節の出たことに嬉し涙が出そうになりました。
明日、私はどうにも抜けられない厳しい人員シフトなため夕方まで仕事に従事しなければならず、行けてもまたこの時間。
今日の目的の一つであったカメラソフトが、アンインストールと新たなインストールが必要なようですので明日はその準備をしてまた来れたら来ます。


...........................................



苦しいながらもふとした時に
自分の辛い症状さえも笑いに仕立てる…

ビビりの姉が少しずつ強さを持って病に立ち向かおうという姿勢が感じられ、マリモの話は可笑しくて笑ったけど、そんな姉が愛おしくて泣きそうにもなりました。
スポンサーサイト

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請