Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

姉の病名がわかった。  

何度も痛い骨髄検査をし、
病院内のありとあらゆる高度な機械を使っての検査から
姉の病名が判明しました。

医師からの話。

家族、両親、私。もちろん本人の姉含め、
1時間近い説明を受けることになりました。

やっと治療に向けて前進するんだ・・・
そう思い、どんな話も聞き逃すまい、とレコーダー(携帯ですけど)
セットしての同席をしました。

後々これはこんなこともあったんだなぁと。
笑えるといいな、と思いながら・・・。

姉病名は
慢性骨髄単球性白血病でした。

は???

私の中では
学友に優秀な医師がいて、相談していた中での話でおそらく
白血病であろうということは言われていましたので、
それからというものありとあらゆる情報を調べていたわけですが
その中でこの慢性骨髄単球性白血病という文字はもちろん目にはしていましたが・・・。

症例として、

高齢の男性多い。
そのため緩和としての施術が多く、移植の例が少ない、
生存の中央値として11ヶ月。

あくまでも私の理解の中での情報ですからこれが正しいというわけではありませんが
まず高齢男性というところで私の中からはハズしてた病名でした。
姉はまだ50歳。高齢とは言えない。しかも女性だし。

しかし、何事も100%ってのがありえないないものなんですね。

いや、
逆にこの病気になる人は10万人に1人です・・・。
との医師の言葉に絶句しました。

難しい話は私にはうまく言えないし間違ったこというわけにいかないけど
医師の話から受けた私の理解として、

薬で治すことはまずできない、
血液を作る機能が壊れているからそこから立て直すには移植しかない。
通常高齢だと移植はできないけど、今の年齢的には積極的に移植をする方向で考えるべき。

そして困ったことに
『この病院には移植に必要な設備がありません』
でした。

転院は決定的。
そして
移植に関してのドナー候補として、当然のこと、まずは私が選ばれました。

それでも25%って言いますからね・・・。

姉妹仲がいいだけじゃ、
白血球の型まで合致するとは限りませんからね・・・

流石にものすごいプレッシャーでしたが役に立てるならなんでもいいから!
・・・とさっさと検査の予約をしました。
スポンサーサイト

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請