Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バイバイ、フィセル  

オスの仔猫が里親さんの元にいきました。
我が家ではフィセルって呼んでました。
新しいお名前は貰ったかな?


いたずらっ子でよく食卓のおかずを狙ってました。





何にも知らずに前日まで、すこぶる元気に過ごしていました。

当日朝はご飯を食べてまたいつものように走り回り、用意したキャリーバッグに入ってみたりカーテンよじ登ったり元気一杯。
時間になってバッグを開けると、するすると入ったので即ファスナー閉じましたが楽しそうに中でタオルと戯れてました。
そのまま外に出て歩き出しましたが全く驚く様子もなかったです。

里親さんとの待ち合わせ場所までも、
キャリーバッグの中で騒ぐことなく電車の窓から見える景色を不思議そうに眺め、
しかし到着した駅の改札出たあたりから人の波に気分が悪くなったのか息が荒くなり、
目をつぶり外が見えない位置に移動して丸まってじっと耐えてるような仕草…。
もう、可哀想でこのまますぐに引き返してしまいたい気持ちで一杯になりました。

でも里親さんの持ってきたバスケットに素直に入り、一声だけ にゃぉ…とこちらを振り返った姿に涙が出そうになりました。

あぁ、かわいい!大事にさせていただきます。

そう嬉しそうに笑った若い里親さんに少し救われながらも、帰りに軽くなってしまったキャリーバッグをたたんで、改札を入った途端に、涙が溢れて溢れて、暫く動けませんでした。

どうしているだろう、元気でいるかな、ご飯は食べてるかな、怒られてないかな…
頭をよぎるフィセルのあどけない姿に、まだ胸が痛みます。

幸せになって欲しい。
ただそれだけを願っています。
スポンサーサイト

category: 家庭

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。