Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

プラス、マイナス  

一応、長く患った子宮筋腫についての治療のための診察が、とうとう今日で終了!
なにかあれば受診しますが、
今日貰った薬を使い切って元の身体に戻れれば、オッケーだそうです。

術後傷の治癒はとてもよくて、表面押してまだ硬さがあるから完治ではないものの、動きに不自由しないし、咳が出てもくしゃみが出ても痛くなくなりました。
それよりも今辛いのは、
しばらく続けていたリュープリンでエストロゲンを抑制していた副作用がことの他強く、のぼせや耳鳴りは引いたのに、全身の関節が痛くて朝のこわばりは尋常じゃない日もあり、足の指から手の指から、膝も腰も肩も首も痛いなんてもう、一日なんにも出来ないと涙が出ることも。
せっかく決心して全摘して、これですっかりよくなると思っていたのに…
と、落ち込みから憂鬱な気持ちがどんどん覆いつくして マイナス思考しか出来なかったり。
術後一回目の受診で先生に話して、血液検査をし、今日の結果を聞くまでは、新たな病気なのではと不安でたまりませんでした。

そして、今日。
痛いわけだよねー、と先生。
体内の女性ホルモンが、ほとんど無に等しい数値だったようです。
抑制し続けていたからね、とか。

脳からの分泌はもうちゃんと行われ始めているし、まだまだリアルな更年期障害にはなっていないし、ということで、 とりあえず脳からの分泌が追いつかない分は、補給しましょう!
というお薬が出たわけです。
通常更年期に使われるディビゲルという塗り薬ですが、 長期にはせず、ひとつきだけ。
これで症状緩和していくらしいです。

しかしこれまた注意書きなどを読んでると、なんっかデンジャラスなものだなぁ~と思っちゃいました。
初塗りしてみましたが、ドキドキしてくるんですょ。
使用初期症状みたいです。慣れればなんてことないみたい。
早速検索したら、やはり様々な副作用があるようで。安易な使用は良くないでしょう。例えば美容とかアンチエイジング目的だけとかはね。

ホルモンてのは、抑制にも補給にも利点ありながら大きなリスクを伴うものなんだとつくづく思いました。

まあでも、
必ず治療の効果があると信じて、元の元気いっぱいな自分に戻れるのだ、とプラス思考に切り替えられてきました。

この数ヶ月で、家族やたくさんの方々に励まされ、今まで見えなかったものに気づいたり、人の痛みを少し理解できたり、逆に我儘がひどくなったりもしながらたくさんのことを考えました。
なにか人生のプラスになれば、
無駄じゃない月日になるでしょう。

なにもかもに、感謝ですね。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。