Tsunmi日和

ひっそり更新中☆HPはずっとお休み中(笑)

おしゃれイタリアンランチin松本  

両親の居る信州までまた来ました!
…の前に寄り道。

友達2人と待ち合わせてランチ。



珈琲哲学松本店


3人でシェアして頂きました☺️






選べるデザートや、サラダもついて1300円くらいだったかな。

おなか満タンになりました。

女子?←完璧私は女子という単語は似合わなすぎる。
会ランチということで、話が盛り上がり楽しい時間でした。

私には殆ど見知らぬ土地、上諏訪まで来てくれて、また帰り茅野まで送ってくれた友達に感謝感謝。

また会おう!と言ってくれて嬉しかったです。




スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

49日法要  

25日に姉の49日法要が行われました。

法要そのものは短時間なもので、
般若心経とか無くて、
いや、かと言って何を唱えて下さってるのか半分位解らなかったですが

お坊さんの説法も無かったなぁ。

宗派によって違うのかもしれませんね。

外に出しはしなかったけど、
姉の遺影はバッグに入れていきました。

その後参列した家族みんなでお食事。
立派な懐石料理で、
義兄の姉に対する愛情とか想いの込められた接待を受け、
どれだけ姉が家族に愛され大切にしてもらっていたかをあらためて感じる温かな時間でした。

義兄と姪たちが、分厚い姉のアルバムを作り、両親と私とにプレゼントしてくれました。
どの写真の姉もみんな笑顔、幸せ一杯な姿に、また泣けて泣けての内容で、胸が熱くなりました、

たくさんの幸福を、
短期間に凝縮して逝ってしまった姉。

今はどこから私を見ているでしょうか。

恥じない人生を送らなければ。
再度そう思う一日となりました。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 2

久しぶりのトロワグロさんのパン  

新宿小田急の中のパン屋さんと言えば、

絶対外したくないくらい好きなところ。

前にもアップしたかなぁ。



私といえばフランス生地のハード系…っていうのが定番ですが、
その中でもクルミとイチジク入り、ベストな組み合わせ。
わくわく!!

バターロールよりひと回り位大きいサイズのこちらは、
見た目(小さいな、すぐ食べちゃうな)
の、印象ですが、
いやいや、、

このボリュームはたいしたもんです。(笑

このタイプは薄くスライスしてトースト、気分で薄くバターを塗りますが、
3枚も食べればもう満腹感。半分で十分です。
と、考えるとリーズナブル?

朝とお昼に二回に分けて頂きました。
美味しい~!

ちなみに、
ベーコンエピも画像有りませんけど頂きました。
ご馳走様でした。

category: パンの話

tb: --   cm: 0

小田さんのコンサートへ。  

生まれて初めて、小田和正さんのコンサートに行ってきました。
武道館久しぶり✨



雨しとしと。寒いです。




澄んだ優しい伸びやかな声。
変わらないなぁ。

初めての席はなんとアリーナの一桁。

ステージは氷室さんとは全然違って、

花道が幾つもあって、
どの花道にも小田さん走り回ってオーディエンスにマイク向けたりもして。

だからアリーナ一桁でも必ずしも良いわけではないのだけれど、
こっちに来てくれた時はすぐ目の前だし
なんか初めてなのにこんな近くに来ちゃっていーのかな!って思うくらい。

遺影を胸に抱いての参加でしたが、
何回か小田さん姉を見てくれました。
きっと何かを感じてくれたとも思います。
遺影なんて姿ではなくて
実在の姉がこの席に座って自分の耳、目、でこの雰囲気を味わえたらどんなにか良かったのに、と思うと、
やはり込み上げてくるものが沢山あって、
切なさと悔しさで涙が出そうでしたが、
きっとあの場には、見えないけれど来ていたんじゃないかな。と思うことにします。

ソロになってからの小田さんはあまりわからないのですが、
オフコース時代は朝から晩まで姉が部屋で流していたので、(笑
勝手にほぼ全部を覚え込んでいて、何曲か歌ってくれた時は、一緒に歌うこともできました。

ベビーカー押しながら小田さんのCD買いに行った話とか、
車の中で聴きながら小田サーーーンと叫んで夫が驚いてた、とか、
笑いながら話してた姉の笑顔が思い出されます。

なんで彼女が逝かなきゃいけなかったんでしょうねぇ。

頭の中で繰り返す問いには
一生答えは出てこないのわかってるんですけどね。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 2

誕生日おめでとう  

私が生まれた時、
貴方が居てくれた。
まだまだ甘えたい年頃なのに、
一生懸命お姉さんとして、
私を可愛がってくれた。

それは
ずっとずっと、
大人になっても変わらず
大切に、いつも心を尽くしてくれた。

私は甘えるばかりで、
なにひとつしてあげることもできず、
最期までただ側にいたくて、そして心の中だけだけど毎日大泣きして
生きて欲しいと、あなたの苦しみわかってるのに、ただ生きて欲しいとばかり願ってた。

ごめんね、ずっと。
嘘ばかりついてた。

そのうち良くなるから、
必ず安定するから、

もっともらしい言葉をうまくつなぎ合わせて、
生きる気力を、そのか細く弱った体に持たせようとばかりしていたね。

今頃怒ってるかな。
嘘つきの私を。
この罪の償いは、してもしてもしきれないけど、

私より3年早く生まれたあなたを、
これから追いつき追い越すことになると思うけど、
ずっと生まれてきた記念日を、お祝いしていくからね。

いつか会える日を、
楽しみに生きていきます。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

桃たっぷりで。  

明日は

姉の誕生日。
もう歳はとらないけれど、
生まれてきた記念日は変わらない。

大好きで、いくら食べても飽きないという桃を使ってケーキを作ります☺️

タルトにしよう

今土台焼いてます。
しっかり冷やさないとデコレーションできませんので
上手に出来るといいな。




あ、昨夜遅くに前回書いたブログをまた覗いてみたら…☺️
更新ありました。
よかった。
大変なGVHDを抱えながらも、頑張って過ごされてるようです。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

クリスマスローズ移動  



今日は昨日に続き晴天で、朝からガレージを片付けて、
夏の間玄関先の日陰に避難させていたクリスマスローズを日向に移動しました。

その数…相変わらず25株と。。。
花壇の手入れや雑草の始末もして、あっと言う間にお昼😲

まだまだやらなきゃいけないことはあるんだけど、
なかなか進まないなぁ。

歳のせいでしょか…(笑

category: ガーデニング

tb: --   cm: 0

心配なこと。  

姉が病んでから、
その治療や薬、あらゆることを知りたくて、ネット検索していたときに知った、ある方のブログがあります。

若くして、姉と同じと病気になり、移植をし、退院することができたけれど、慢性GVHDやアレルギーに悩まされながら、しかし前向きで明るく、パン作りやブリザードフラワーなどをされて毎日を懸命に過ごしている方です。

その方のブログを読み、姉の治療内容と重ねてみたりしてずっと過ごして来ました。

ところが、今年の夏7月半ばから、ぷっつりとその更新が成されぬままのこの頃…。

無菌室に居ても高熱や吐き気のある中でも更新を続けていた彼女に何かあったのでしょうか…。

全く知らない方ですが、
とても心配になっています。

お忙しいだけでありますように…。
祈る気持ちです。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

月命日  

1回目の姉の月命日を迎えました。

遺影の姉はずっとにこやかに、優しい笑顔を少し斜め向こうに向けて幸せそうにしています。

苦しいのが去って本当に良かったね。

そう語りかける毎日ですが、
やっぱり全然信じられなくて、

今だけちょっとなかなか会えない遠いところに居る…
そんな感じです。

こうして生きてること、ありがたいと感謝の気持はあれど、
虚無感と喉の奥に常に何かが詰まって出ないような苦しさが常にあり、
生きてることでそれを感じなければならない辛さにもがいてしまう。

しかし、
どんなにかもっと生きていたかったであろう姉の事を思えば、
自分はその姉の分も、皆から口々に言われる「しっかり生きなきゃダメ」
を、全うせねばと思う毎日です。

まったく。

こんな重たいもの置いて行っちゃって。


従姉妹が月命日に、と、
ソープフラワー?を送ってくれました。

皆が姉を想い、私のその後を気遣い、心を尽くしてくれています。

立ち上がっていかなくてはいけませんね。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

初めてオフ会…に参加してみる。  

先日氷室さんの誕生日をネタに(笑
お仲間さんとのオフ会が開催されて、
難波まで行ってきました☺️


幹事さんが特注ケーキを用意!
すごーい。


私もチーズケーキ持って行きました♡皆んなが食べてくれて嬉しかったです。


早めに帰ったお仲間さん数人いましたが、最後までいた方々と記念撮影☺️


次の日は京都へ移動。




おきまりの車折神社へお参りに行きました。氷室さんの祈祷札私は初めて見ました。(^^)













その後嵐山で少し早めのランチ。
普通の食堂でしたが折角だからお豆腐定食チョイス。美味しかった(^^)

修学旅行以来の清水寺にも立ち寄り(笑
お賽銭以上?のお願い事…感謝の気持ちを心で祈り、
夕方早めの新幹線で帰宅しました。


気持ち的に落ち込みが激しくて、参加をギリギリまで悩んでいたのですが、
大好きな姉が生前オフ会が行われる話をした時に、

そういうのは行くとものすごく楽しいから、絶対行っておいでね!って言ってた事を思い出しながら、それでも不安な気持ちを持ちつつ出向き、
そんな私を知ってるお仲間さんたちが、
よく来たね!!ってみんなで迎えてくれ、
姉と、お仲間さんに感謝の気持ちで一杯になり、
虚無感を覆すほどにはなれないものの、
生きてく責任と生きてく喜びを持って前に進むことの大切さを感じる時間を持つことが出来ました。
行ってよかったな。

頑張っていこう。
姉のためにも、自分のためにも。

category: 特に氷室さん♪

tb: --   cm: 0

善光寺・・・妙高、名立うみてらす。  

姉の葬儀が終わって後、
しばらく両親の住む信州に行くことになりました。
1週間ほどの滞在でしたが、
両親が思いついた姉への慰霊旅行として
善光寺へ行ってみようということになり。。。

全過程父の運転で・・・(相当疲れたと思います)
1泊2日の旅となりました。

IMG_4590.jpg

この日は快晴で真っ青な空が、
清々しさを超えて、一緒に姉がいない切なさを余計強く感じましたが、
母が胸に抱いた姉の遺影は静かに微笑んで、楽しそうに見えたりもしていました。

IMG_4609.jpg

何箇所か道の駅に立ち寄ったりしながら
善光寺へ到着したのはちょうどお昼を回る頃。

善光寺は宗派を問わずに誰もが拝むことのできるお寺とのこと、
私はお線香を1束買って、煙るツボのようなところへいれてきました。



お昼はちょうど新そばの出る頃、ということで
味と香りのいいざるをいただきました。

IMG_4617.jpg


宿泊は、妙高の国民休暇村で
とても綺麗でお風呂の広い宿でした。
お夕飯は豪華な懐石料理・・。

IMG_4624.jpg

この日は木曽御嶽山が大噴火。。。
たくさんの方が哀しみに包まれてしまうことになっってしまった日です。
この大きな出来事を
姉は知らないのだなあ、、、と
時間の経過、すべてが過去になっていくことが
また寂しさを強くしていきました。

日が変わり、
父が車を走らせた先は、
名立のうみてらすという道の駅。

ここへは、数年前、
急に遊びに来た姉を連れて日帰りドライブをした場所だとか。

胸が詰まる想いでした。
IMG_4668.jpg


IMG_4674.jpg
この風車を、
姉も見て、両親と一緒に写真を撮り、楽しい時間を過ごした事実。
その日その時、姉はどんな気持ちでこの景色を見たのだろう。
色々考えれば考えるほど、
また寂しさ哀しさが大きく膨らんで、
絶対人前では流さないと誓った涙が下まぶたから盛り上がってきそうで
苦しいことこの上なかったのですが、
あとから父にその時の姉のスナップ写真を見せてもらい、
その楽しそうな笑顔が、
人生とても有意義だったと、楽しいことがたくさんあったと
だからもう悲しみばかり強くしないで、と語ってくるようで、
ヘタっていてはダメだと思い直しました。

とはいうものの、こうして書いてる間も、
姉の遺影にちょいちょい目を向け、優しい瞳の力を借りないと
まだまだ立ち直れない自分を仕方ないなぁ、、、と許さざるを得ない日々です。

category: Tsunmi日和

tb: --   cm: 0

よろしく^^

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請